【 滋賀 高島市 】琵琶湖に浮かぶ大鳥居!パワースポット白鬚神社

この記事は約4分で読めます。

滋賀県の有名な神社の1つである白髭神社。 琵琶湖の中で一際目を引く朱色の大鳥居。 パワースポットとしても広く知られていて、連日多くの人々が参拝に訪れます。 広大な湖と、どこまでも広がる大きな空、素晴らしい光景とスピリチュアルなパワーに癒やされます。

スポンサーリンク

白鬚神社( しらひげじんじゃ )

訪問日 2020年8月18日(火)

御祭神

《 主祭神 》

猿田彦命

御神紋

左三ツ巴

創建

第11代垂仁天皇25年

所在地

滋賀県高島市鵜川215

白鬚神社について

国道161号線を走っているとパッと目を引くのは、琵琶湖に佇む大きな朱色の大鳥居。国道を挟んで鳥居の向かい側には本殿が...全国にある白鬚神社の総本社で、創建は約2000年前!! 近江最古の神社とも言われています。

主祭神は、導きの神、道開きの神とも言われる 「 猿田彦命 」 延命長寿・縁結び・子授け・開運招福・学業成就・交通安全・航海安全のご利益を授かる事が出来ます。

松居一代さんも参拝に訪れる神社

拝殿の後ろにあるのは、桃山時代特有の建築様式を受け継いだ入母屋造りの本殿。 余談ですが...ここは、あの松居一代さんも節目節目に参拝に訪れている神社。松居一代さんのブログにもよく登場しているんですよね。

船越英一郎さんとの離婚騒動の時、松居一代さんがこの白鬚神社に訪れて、TVのワイドショーのレポーター陣に、船越さんと2人で奉納した鈴緒だと、猛烈にアピールされていたのが印象的^^; 残念ながらコロナ過で、その鈴緒は感染防止のために外されていました。

松居一代さんって、かなり波乱万丈な人生を歩まれていますが、確実に自分の道を切り開いて突き進み、巨万の富も得られています。 そういった彼女の活躍の背景には、この白鬚神社の神様を信じる力も大きく影響しているように思います。

山中まで続く多くの境内社

本殿の横には、若宮神社。若宮神社の右奥には山中に続く階段があり、そこを登っていくと琵琶湖を見下ろす美しい景色が広がります。

境内には紫式部や与謝野晶子、松尾芭蕉の歌碑が建てられています。 昔、多くの著名人がここを訪れ、そして感銘を受け、思いを歌に残したのでしょうね。 その気持ち分かります~!

三社( 高良神社 ・ 八幡神社 ・ 賀茂神社 )内宮 ・ 外宮

天満神社 ・ 浪除稲荷社 ・ 寿老神社 ・ 鳴子弁財天社

スポンサーリンク

知る人ぞ知るパワースポット

白鬚神社に参拝される多くの方々の中には、白鬚神社の本殿に参拝したら、道路を挟んだ向かい側の琵琶湖に佇む大鳥居の写真を撮りにいそいそと琵琶湖の湖岸へ足を運ぶ人がいるのですが、真のパワースポットはこの奥にあります。

ここから先、空気がガラッと変わるのが肌で体感出来ます。 すごく神聖な場所です。

横穴式石室( 古墳 )がそのまま岩戸社として祀られています。 その横には、大きな磐座が鎮座しており、ここからも湧き上がるパワーをひしひしと感じる事が出来ます。

この磐座だけでなく、山頂からも大きなエネルギーが降り注いでいます。 白鬚神社に参拝されたら、この岩戸社の方にも是非足を運んで、大きなパワーを肌に感じて下さいね。

琵琶湖に佇む大鳥居

本殿から道路を挟んで見えるのは、琵琶湖に佇む朱色の大鳥居。 交通量の多い道を隔てた向こう側なのですが、この道を横断しなければ琵琶湖の湖岸に下りる事が出来ません。

※ 本当は横断禁止です!! でも、近くに横断歩道が無いので、参拝後は皆さん、この道を横断していきます。ちょうどカーブになっている場所になるので、左右の見通しもよくありません。 絶対に無理な横断はしないようにして下さいね(汗)

琵琶湖の湖岸の方に渡ると、大きく広がる青い空に広大な湖、朱色の大鳥居が映えてます!! 鳥居のまわりでは、SUP( スタンドアップパドルボード )を楽しむ方がたくさん居て、すごく気持ち良さそうでした^^

湖西の方の琵琶湖の水はあまりキレイではないのですが、こちら湖北の琵琶湖の水は驚くほど澄んでいてキレイ!! 

ジャリジャリした細かい石の砂浜ですが、素足で湖に入ると本当に気持ち良いですよ~ 海と違って塩水じゃないから、ベタベタしないし♪

延々と続く湖岸を素足でひたすら歩くだけでも心洗われます。

こちらもどうぞ
【 滋賀 草津市 】諸国の大名も安全祈願に訪れた立木神社
【 滋賀 東近江市 】6柱の神様が迎えてくれる六所神社
【 滋賀 東近江市 】長い石段、山頂にひっそり佇む雨宮龍神社
【 滋賀 甲賀市 】交通安全祈願と厄落としならここ田村神社
【 滋賀 甲賀市 】朱色の楼門が美しい甲賀の大鳥神社
【 滋賀 甲賀市 】信楽焼の凛々しい狛犬さんに会える神山神社

まとめ

この日は、コロナ過で学校の休みが長引き、勉強( 今年、受験生 )への不安からひどく落ち込んでいた次男を連れて参拝したのですが、砂浜を歩いているうちにずいぶん気持ちが落ち着いたようです。 「 神様、この子にパワーを注いで下さい。 光の方へ導いていってあげて下さい。」 という私の願いが届いたと信じています^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました