手相の頭脳線が鎖になっていたり島やフィッシュが出る意味は?

前回は、頭脳線が2本あったり枝分かれしている場合の意味について解説しましたが、今回は頭脳線が鎖状になっていたり、途中に島やフィッシュが出てきている場合の意味について解説していこうと思います。 参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

手相の頭脳線が鎖になっている意味

頭脳線の起点部分が鎖状になっているって方は案外多いかもしれませんが、下の画像のように頭脳線全体がきれいにすべて鎖状になっているっていうのは、少し珍しいです。

頭脳線というのは、その人の物の考え方や性格、行動パターンなどをみることが出来る線なのですが、この頭脳線をみるときに重要になってくるのは線の状態です。

理想的な頭脳線というのは、ハッキリと濃くまっすぐに伸びた線なので、画像のように、きれいに鎖状になっているということは、考えがなかなかまとまらず悩みの多い状態。

ただ、それを逆に捉えると、物事をパパッと安易に決めてしまうのではなく、なにか行動しようとする時、人並み以上によく考えてから行動出来る人だということです。


あーでもない、こーでもない...と悩み過ぎて、どツボにはまり込んでいってしまうのは良くない事ではありますが、自分自身が人並み以上に考えたり悩んだりし過ぎてしまう性格だという事を理解した上で、解決方法を前向きに考えながら答えを出していくクセを付けるようにしてくといいですね。

人並み以上に考えられるって事は、あなたの強みでもありますからね^^

手相の頭脳線に島が出ている場合は?

手相において、島というのはあまり良くない意味を表すので、画像のようにまっすぐに伸びた頭脳線のどこかに島が現れたときは、少し良くない暗示だと捉えて下さい。

頭脳線に島が出る時は、あなた自身がなにか思い悩んだり、困難にぶち当たっている時です。 人によっては、その悩みが深く、鬱っぽい状態に陥ってしまう方もいるかもしれません。

でも、悩みや困難な壁というのは、永遠に続く訳ではありません。 そこに悩みや困難な壁が出てきたという事は、あなた自身にその課題が与えられたと前向きに捉える事で、それを乗り越えるチカラにもなります。

頭脳線に現れた島が薄くなっていったり消滅していった時は、あなた自身がひとまわり大きく成長した証にもなるでしょう。

手相の頭脳線にフィッシュが出ている意味は?

先程の島はあまり良くない暗示だという事をお話しましたが、フィッシュ( 魚紋 )が出た場合はなにか良い兆候があるという暗示です。

画像のように、頭脳線にくっつくようにフィッシュが現れた時は、幸運が訪れるサインだと思って下さいね^^ 今まで、あなたが頑張ってきた事、努力してきた事が実を結び、良い結果に転じてくれるでしょう♪

フィッシュは一時的に現れて、しばらくすると薄くなっていったり消滅してしまう事も多いので、このフィッシュが現れている時は、より幸運に近付けるように、普段以上にアクティブに行動する事もポイントです。

頭脳線まとめ、もっと詳しく知るならこちら

まとめ

いかがでしたか? 今回は鎖状になった頭脳線や、頭脳線に出る島やフィッシュ( 魚紋 )について解説しましたが、頭脳線には他にもいろいろな形状やサインが現れます。 また、頭脳線のいろいろなパターンの意味についても、追々解説していきますね。

スポンサーリンク