人相で眉間が狭い場合や広い場合、赤みが出ている場合の意味は?

前回は、人相学における眉間のしわの意味についてお話させていただきましたが、今回は眉間が狭いとか広いといった眉の間の広さについて、人相学上どういう意味があるのか? また、眉間に赤みが出てきた場合の意味などについても解説していこうと思います。

スポンサーリンク

人相学では眉間の事を命宮( めいきゅう )と呼びます。 たかが眉間の広さ...と思うかもしれませんが、人相をみる上で、この命宮はけっこう重要で、その人の健康や金運、一生の運勢や性格など、眉間をみるだけでわかる事はたくさんあるのです。

ひとことで眉間が狭いとか広いとかいうと基準が分からないかもしれないですが、自分の眉間に人差し指と中指をあててみて、それより狭い場合は狭い、それより広い場合は広いと判断して下さい。

人相で眉間が狭い人の性格

眉間が狭い( 人差し指と中指をあててみて、それより狭い )人は、とても頭の回転が早く世渡り上手、常に先を見越して行動する事が出来る人です。

ただし、人間としては器も小さく神経質、他人には結構厳しい事を言うクセして自分には甘いところがあります。

この眉間の幅が狭ければ狭いほど( 指が1本入る程度 )、その傾向は顕著に現れますし、極端に眉間が狭い人は臆病で人を疑ってばかり、不平不満も口に出しやすく、人間関係においてもトラブルや悩みを抱えやすいです。

眉間が広い人相を持つ人の性格

眉間が広い( 人差し指と中指をあててみて、それより広い )人は、おおらかで人間としての器も大きく、ゆったりのんびりした性格。 いつもポジティブに物事を捉えられる人です。

いちいち小さい事を気にしないし、人柄も良くフレンドリーなので、多くの人から慕われますし、女性は特に幸運に恵まれるでしょう^^

ただし、この眉間の幅が広すぎる( 指が3本以上入る )人は、やや優柔不断で決断力に書けるところがあり、生活面や金銭面においてもだらしなさが目立ちます。 他人から見ると、あまりにも呑気過ぎて無責任な人と見られる事も多いです。

人相で眉間に赤みが出てきた場合の意味は?

眉間に赤みが出てきた場合は要注意です! 想定外の出来事や事故、病気、災難に遭遇する前触れである事もあるので、日頃から慎重派だという人も、この時ばかりはいつも以上に慎重に行動するようにして下さい。

人間関係においても衝突やトラブルの暗示で、急な別れや離別なども起こりやすい時、売り言葉に買い言葉で取り返しのつかない事態に...なんて事もおおいにあり得ます。 眉間に赤みが出た時は気を付けるようにしましょう。

ニキビや吹き出物、虫刺されなどで赤くなっているって場合も同様です。 眉間に赤みが出た場合は出来るだけ早く治すようにして下さいね!

理想の眉間はどんなもの?

理想的な眉間はふっくらと盛り上がっていて色艶も良く、ちょうど指が2本入るくらいの幅の眉間です。人望も厚く、さまざまな人から引き上げられ人の上に立つ要素を兼ね備えた素晴らしい人。 金銭的にも恵まれ、幸せな人生を送る事が出来ます。

人相占いにはいろいろありますが、眉間のしわにもちゃんと意味があるってご存知でしたか? 眉間のしわが片方だけに出ていたり、1本だったり...
眉毛のまわりのほくろって少し珍しいというか、あまりたくさん見ないかなって思うのですが、そんなほくろを持っている人、また身近でいると、...

人相占いまとめ、もっと詳しく知るならこちら

まとめ

いかがでしたか? 人相では眉間なんてそこまで重要視しないと思いがちですが、最初にもお話した通り、眉間( 命宮 )は顔の中でもその人の運勢を司る重要なパーツです。 傷や凹みがあると運気も低下するので、気を付けるようにして下さいね!

スポンサーリンク