夢の中で猫が 死ぬ 生き返る 生まれる などの意味は?

夢の中で動物が出てくるというシチュエーションはよくありますが、猫を飼っている訳でも特に大好きという訳でもないのに夢に猫が出てきたり、夢に出てきた猫が死んでしまったり、はたまた生き返ったり、あらたな生命が誕生したり...と猫の生死にまつわる夢は特に印象に残りますよね。 いったいどういった意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

夢で猫が死ぬのはどういう意味?

幸運の置物に招き猫なんてものがあるように、夢で猫が現れる場合、良いことも悪いことも含めて、何かを招くという意味を持ちます。 また、あなたにとってとても大切な人や物、関係性などを象徴する意味もあります。

そんな象徴的な意味を持つ猫が夢の中で死んだ時、何か不吉な事が起こる前触れなのではないか?と、すごく不安な気持ちにもなってしまいますよね。また、猫の死が自分の飼い猫だったりしたら、余計に不安な気持ちにもなります。 猫の死について、シチュエーション別に解説していこうと思います。

自分の飼い猫が死んでしまった夢

自分が飼っている猫が死んでしまうなんて、なんとも後味の悪い夢ですが、飼い猫が死んでしまう夢は吉夢である事が多いです。

猫の夢はさまざまな象徴的な意味を持つ事をお話しましたが、飼い猫というのはあなた自身であったり、あなたの潜在意識を象徴するものになります。

例えば飼い猫が煩わしい人間関係やさまざまな悩みを象徴する時、飼い猫の死 = それがスッキリ解決方向に向かったり、これからどんどん良くなっていくという意味を持ちます。

飼い猫が病気だったり、かなり高齢だったりする場合は、その飼い猫からのメッセージだったり、予知的な夢である事も稀にありますが、そうでない場合は、何か抱えている問題が良い方向へ転換する時だと思っていいです。

見知らぬ猫が死んだ夢

見知らぬ猫が死んだ場合も、吉夢と捉えられる場合が多いです。 夢占いで「 死 」は、転換期であったり、これまでの状態から一変して何かが変わる時を意味するので、もしもあなた自身が今何かに行き詰まっていたり、なかなか思うように事が運ばず悩んでいたりする場合、その問題がパッと解決していきますよ...というように捉える事も出来ます。


夢で猫が生き返るのはどんな意味があるの?

夢の中で猫が生き返ったら...現実世界ではびっくりですが、夢の中ではそんなことも起こり得るから嬉しいですよね。 特に以前に可愛がっていた猫が生き返ったら尚更です。

猫が生き返るという夢は、あなた自身に関わる何かが復活するという意味を持っています。 例えば、ちょっとした喧嘩などで仲がこじれて疎遠になってしまっていた友人との関係が復活するとか、恋人と復縁するとかです。

また、これまでうまく行っていなかった事柄が好転していって、うまくいきようになるという意味もあるので、何かしらの壁にぶち当たって悩んでいるという場合、この夢を見たら事態がどんどん良くなっていくという事もあるかもしれません。

夢で猫が生まれるのはどういう意味?

夢の中で猫が生まれてくる夢には、女友達との間でなんらかのトラブルが起こるかもしれないという警告です。 あなたの知らないところで陰口などを言われている可能性も高いです。

ただ、猫が生まれた時にすごく幸せいっぱいの気持ちになって、夢から覚めた後もハッピーな気持ちでいる夢の場合は、そういったトラブルはあれど、状況は好転して良くなっていくという意味があります。

自分自身が猫を生んでいる夢

これまた現実世界では考えられないシチュエーションではありますが、稀に自分自身が猫を出産する夢を見たという人もいます。

この場合は、あなたが抱えている悩みやストレスが解放に向かっている証! あなた自身の中にあったモヤモヤした気持ちがどんどん晴れて、ポジティブに進んでいけるという意味を持っています。

夢占いまとめ、他にもいろいろ

まとめ

いかがでしたか? 猫の生命にまつわるさまざまなシチュエーションの夢について、いろいろ解説してみましたが、何か思い当たる事があるって方もおられるのでは? 他にも猫の夢に関するさまざまななシチュエーションの夢があるので、またそれについても今後お話していけたらなって思います^^

スポンサーリンク