手相占いはどっちの手でみる? 左手右手それぞれの意味は?

自分の手のひらを広げて見た時、右手と左手がハンコを押したように全く同じ...って方はまずいません。 そこで疑問に思うのが、手相は右手・左手どっちを基準にみればいいのかって事だと思います。 右手・左手それぞれの手相が持つ意味合いを解説していきます^^

スポンサーリンク

手相占いはどっちの手でみればいいの?

私自身、昔から占いやスピリチュアル的なものが大好きで、特に手相に関しても一時期すごく勉強していたので、今でもたまに友達や身内の手相をみてあげます。 そんな時にたまに聞かれるのが...「 手相って右手と左手、どっちをみればいいの? 」って事。

冒頭にも書きましたが、右手と左手の手相が似てるって人はいても、寸分違わずほぼ一緒...って方は今まで見た事がありません。 どの人の手相をみても、右手と左手には違いがあって、いったいどっちの線を信じればいいのー? って気持ちにもなってしまうかもしれませんね^^;

流派によってもさまざま

私自身が手相をみる時は、基本的には片方の手の手相だけでは判断しません。 いろいろな占いの本を見ていると、その流派によっては、男性は左手で女性は右手でみる ...とか、手相は利き手でみる ...とか、両手を組んだ時に親指が下になった方の手でみる ...など、さまざまです。

それぞれの流派の考え方がある訳ですから、これが絶対に正しいってものはないと思っていますし、もしあなたがネットでググッたり手相の本で調べた時に、自分自身が納得出来る方で解釈するっていう考えでも良いと思います^^

手相占いで左手が意味するものは?

先程も書いたように、流派によって解釈はいろいろですが、私自身がみる場合は左手は先天的な運勢として判断します。 生まれながらにして、その人が持っている運勢を左手でみていきます。

左手の手相では、だいたい35歳くらいまでの運勢があらわれやすいとも言われているので、若い方の手相を見る時は左手を中心に判断する事も多いです^^ 左手の手相で、自分の本質を知っておくっていう事も大切ですよね。

左手の手相では、その人がもともと持っている気質とか遺伝的に受け継いだ才能や考え方などもみる事が出来るんですよ。

手相占いで右手が意味するものは?

右手の手相では後天的な運勢をみていきます。 右手では35歳以降の運勢があらわれやすいので、それを基準にみていく事も多いです。

持って生まれた才能や考え方とは全く違った手相があらわれている事もありますが、それはその人がこれまで歩んできた人生で得た経験や行動によって、そのように変わっていったという変化もみてとれます。

右手の手相では、今後の人生においての恋愛や結婚、別れなどもみていく事が出来ます。

手相をみてあげるからちょっと手を見せて? って言われた時、あなたはどんな風に手のひらを出しますか? 実は、手のひらを出した時の手の形...

まとめ

私自身、長年、自分の手相とにらめっこしていますが、手相って1日2日で劇的な変化をみせる事はないですが、長いスパンでみていると、今まで無かった線がいつの間にかあらわれていたり、逆に消えてしまっていたり...面白いように変化していくんですよ。

だから、もし悪い線が出ていても落ち込まず、手相からこういうメッセージが出ているから、こういう事に気を付けていこうとか、もっとこういう自分になっていこう...というように、自分の生き方を見つめ直していくようにするといいですよ^^

スポンサーリンク